これを読めばもう怖くない!セブ留学中に気をつけたい病気と対策

セブ留学中に気をつけたい病気と対策

留学中に一番辛いのが、体調を崩してしまうこと。避けられないこともありますが、ある程度の対策をすることで確率を大幅に下げることが出来ます。そこで今回は、実際に私の担当した留学生の実例も紹介しながら、セブ留学中に気をつけたい病気と対策を紹介していきます。ではいきましょう!

絶対に注意が必要な病気と対策

セブで絶対注意すべき病気

1・デング熱

留学生が最も注意しなければいけない病気はデング熱です。まずは概要を確認して下さい。

デング熱(デングねつ、まれにデンゲ熱とも、英: dengue fever, breakbone fever)とは、デングウイルスが原因の感染症であり、熱帯病の一つである。蚊の吸血活動を通じてウイルスが人から人へ移り、高熱に達することで知られる一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。

出典:wikipedia

デング熱に対するワクチンはまだ研究段階にあり、予防接種を受けることは出来ません。私の知り合いにもデングに感染した人が何人もいますが、全員一週間ほど入院しています。せっかく留学に来て、一週間ベッドの中で過ごすのはきついですよね。そこで重要なことは一点。とにかく蚊に刺されないようにすることです。具体的には以下を確認して下さい。

対策
icon-check 肌の露出を控える
 虫除けスプレーを定期的に塗布する
 室内は蚊取り線香などを炊く(多くの学校では害虫駆除を定期的に行っています)

フィリピンには水たまりも多く、蚊にさされてしまうことを完璧に防ぐことは難しいです。しかし、蚊にさされてもデング熱に感染したわけではありません。基本的には普通のただの蚊ですし、もしデング熱の病原菌を持った蚊にさされても、罹患率は2割程度だと言われています。気にしすぎないようにして下さい。また、少しでも身体に違和感を感じたら、早めに受診して下さい。適切な治療を受ければ、大事に至ることはありません。

参考:厚生労働省「蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針」平成27年4月28日

2・アメーバ、生水などによる腹痛・下痢

入院ほどではなくても、腹痛・下痢になってしまう方が一定数いらっしゃいます。最悪のケースでは、アメーバに感染してしまった事例も報告されており、この場合は入院必須となります。生活環境が全く違うため、完全に防ぐことは難しいですが、可能な限り予防しておきましょう。また、胃腸があまり強くない方は常備薬を用意しておきましょう。

対策
 飲料用以外の水は絶対飲まない
 歯磨きでも飲料用水を使用する
 小まめに手洗いする

参考:国別情報;フィリピン|厚生労働省検疫所HP

知っておきたいその他の病気と対策

その他の気をつける病気

1・マンゴーアレルギー

聞いたことがないかたも多いかも知れませんが、マンゴーはウルシ科の植物なため、人によってはかぶれてしまうことがあります。私の経験上は、200名に1人位の割合なので過度に心配する必要はありませんが、場合によっては顔全体がかぶれてしまうことも。普段からかぶれやすい方は、特に注意をしましょう。

対策
 一度に大量のマンゴーを食べ過ぎない
 少しでもかぶれたら、早期受診する

2・狂犬病

日本はワクチン摂取が義務化されているため、狂犬病は一般的ではありません。しかしセブにはかなりたくさんの野良犬がいて、噛まれると狂犬病に感染する恐れもあります。実際私が担当した留学生でも、1名野良犬に噛まれたケースがあります(すぐに病院で検査したため問題なし)。また厚生労働省によると、2006年には2名の日本人が狂犬病で死亡しています。

あらかじめ日本で予防接種などを行う必要はありませんが、むやみに野良犬に近づかないようにしましょう。ただ、ほとんどの野良犬は人間に慣れており、噛み付いてくるということはほぼありません。注意は必要ですが、心配しすぎないようにしましょう。

対策
 野良犬には近づかない
 少しでも噛まれた、引っ掻かれた場合はすぐに受診

参考:狂犬病|厚生労働省HP

まとめ

その他、様々な一般的な病気に罹る可能性はありますが、それは日本でも同じこと。必要以上に心配する必要はありません。一番大切なことは、日本以上に体調管理をしっかり行う意識を持つことです。以下のチェックポイントを覚えておきましょう。

  • 異変があったらすぐに受診
  • 適度な運動と十分な睡眠を心がける
  • 過度のストレスを避ける
  • 手洗い、うがいをこまめに行う
  • 蚊に刺されないように注意する
  • 衛生環境が悪いレストランは避ける
  • 過度の飲酒は控える

 

また病気になってしまった場合でも、海外旅行保険に加入していれば、日本人の通訳付きで受診することも出来ます。学校スタッフに言えば手配してくれますので、必ず保険に加入しておきましょう。

私も4年間のセブ島生活で、数回体調を崩したことはありますが、どれも風邪の延長程度。セブ島だからといって特別な病気に罹ったわけではありません。体調管理に気を遣い、健康で充実した留学生活を楽しんで下さい。

セブ留学中に気をつけたい病気と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です