元自衛官・超ビギナーからの12週間セブ留学体験記④役に立った・立たなかった自習

私は26歳まで超ガテン系(陸上自衛隊やトラックドライバーなど)の仕事ばかりで、英語とは無関係な人生でした。学歴もありませんし、また高校さえロクに行かない子供です。そんな超初心者の私が26歳のとき、英語を身につけたいと一念発起し、12週間のセブ留学に行きました。この体験記では、そんな私の経験と、経験を通じて得たお役立ち情報をお伝えしたいと思います。半分は読み物として、半分は留学情報として読んでいただければ幸いです。

4回目は、セブ留学中に役に立った・立たなかった自習内容について紹介していきたいと思います。

元自衛官・超ビギナーからの12週間セブ留学体験記①留学Before Afterと準備

2016.12.23

セブ留学中、本当に役に立った自習

役に立った自習

前述の通り私は超初心者で、Reading / Listening / Speaking / Writing全て全くできない。勉強の基本は、今の自分に一番必要なことを学ぶことだと私は考えています。何かを学ぶのであれば、やることは尽きません。そのため、たくさんのやるべきことの中から、今の課題を正確に把握し、一番重要なポイントから潰していく。これが勉強の正しいアプローチだと考えています。しかし当時はそんなこともわからないし、そもそも英語は留学すればなんとなくできるようになると思っていたため、どこから手を付ければいいかわからず、途方に暮れたことを覚えています。手元にあるのはパターン英語の本2冊と中学総復習本1冊だけ。というわけでまずは中学総復習本を終わらせることから始めましたが、これが結果的に大正解でした。以下、本当に役に立った自習を紹介していきます。

1・中学総復習本

授業と夕食が終わり、自習できるようになるのが大体6時半ごろからです。そこで私はその時間から、起きている間はずーっとこの中学総復習本と向き合いました。読んでいてわからないことももちろんありましたが、わからない問題は必ず後で解き直し、それでもわからなかったらしばらく考えないようにする。そしてまた解き直してみる。このアプローチは特に意識せずにやっていましたが、これも大正解だったと感じています。

英語講師をしていると、問題を解くだけで満足してしまう人を多く見かけます。努力は評価しますが、問題は解くことにそこまで意味はありません。大切なことは理解できたか、できなかったか。問題集症候群に罹患している方は、一度視点を変えてみることも大切です。

問題集を解く=勉強するは間違い|問題集を有効活用するアイディア

2017.01.06

入学した最初の週はいきなり4連休でした。連休を嫌う留学生は多くいますが、授業を受けても全く意味がわからなかったため、私にとっては本当に有難い連休だったことを覚えています。私はこの連休中も水着女子に脇目も振らず猛勉強。1日だけ同期の仲間とビーチに行きましたが、早く帰って勉強したいな、と思うほど集中していたことを覚えています(私だけ話せず、むしろ辛かった)。そしてこの連休中に総復習本を一冊やり終えることに成功します。やり終えても、それしか文法教材がないので隅から隅まで何度も何度も読んでいました。

ちなみに自衛隊では基礎的なことを何度も何度も「アホかっ!」と突っ込みたくなるほど反復させられます。それは暗闇でも、眠くても、怪我をしていても作戦を遂行できるように、と考えられた訓練方針のようです。おそらくこの精神を引き継いでいたのでしょう。私は英語学習でも基礎を固めに固めることにフォーカスしていました。そのため今は暗闇でも、眠くても、怪我をしていても英語を聞き取り、話すことができます。基礎は本当に大切ですよ。レンジャッ!

2・パターン英会話

次に紹介したいのが、パターン英会話本です。バターン英会話とは「I’d like to 〜 (〜したい)」のto以下に様々な動詞を当てはめるなど、パターンを覚え、それに単語を当てはめて会話を出来るようにするアプローチです。基礎文法はわかっても、会話には中々繋がりません。そこでこのパターン英会話本のパターンをたくさん覚え、例文を作り、授業中に使ってみるという方針でしばらく過ごします。これも本当に役に立ちました。今でこそもうパターン的なことは考えませんが、ここで得たパターンが数年間に渡り私の英語ライフを助けてくれました。このおかげで、なぜか「あの日本人は結構喋れる」という噂まで立つことになります。完全にメッキではあるのですが、パターン英語の力、おそるべし!といったところですね。以下、実際に私が使っていた2冊を紹介します。

3・英語の歌を歌う

最後は英語の歌です。私は英語が全くできなかったため、カラオケで英語の歌詞になると咳払いをするなどで対応していたのですが、かねてよりELLEGARDEN(日本人だけど)を歌いたいという思いがありました。そこで、それを一つの目標とします。移動中は常にELLEGARDENを聴き続け、また口ずさみ続けていました。セブの人たちは陽気で、みんな道端で歌ったりしているので私も気になりません。というか気にしたら負けです。最初は口が全く着いてきません。しかしそれでも練習練習練習。そうすると、余裕になる場所も出てきます。余裕が出てきた場所では発音も気をつけながら歌うようにします。RとかLとかThとか、慣れませんが慣れるまで続けます。そうするとあら不思議、歌詞で覚えたフレーズや単語が実生活でも使えるようになってきます、しかも発音もしっかり練習しているため、他の表現より綺麗に使えます。これは楽しいし、会話力も上がるし、発音も綺麗になるし、単語は勝手に覚えているしで言うことなしの最高のトレーニングだったと感じています。ちなみに今でも数曲はほぼ全ての歌詞を全て覚えていますよ。

今はTOEIC講師としてシャドーイングというトレーニングを指導していますが、私が意識せず行っていたELLEGARDENトレーニングは要はシャドーイングと同じ原理です。シャドーイングについては今後、留学ハッカーでも触れていこうと思いますが、とにかく英語力を高めるには誰に対しても超オススメなので、ぜひやってみてくださいね。

セブ留学中、役に立たなかった自習

役に立たなかった自習

1・映画や海外ドラマで英語を覚える

では次に、役に立たないと感じた学習を紹介します。渡航前のほぼ唯一の勉強として、海外ドラマをたくさん見ていました(まぁ、ニートでしたし…)。効果は感じなかったのですが、その方針はセブでも継続します。加えて、映画や子供向けアニメも見ましたが、はっきり言って全く聞き取れないし、単語や表現もたまたまこのドラマで使われているだけなのか、それとも一般的に広く使われている、本当に覚えるべきものなのかがわかりません。子供向けアニメも理解できず、ただ悲しくなるだけだと気付き、結局辞めました。

それでもSouth Parkだけは見続けたのですが、ただ単純に面白かったのと、South Parkで覚えた表現を講師に使うと必ず爆笑してくれるのが嬉しかっただけです。完全無料で見れて、原稿もダウンロード出来るので一応URLだけ置いておきますね!

south park official : http://southpark.cc.com
Official Script : http://southpark.wikia.com/wiki/Official_Scripts

2・リスニングサイトでリスニングを鍛える

特にネイティブのリスニングに強い苦手意識を感じていたため、他の留学生が教えてくれたリスニングサイトも試してみました。これもスクリプトがあるのですが、海外ドラマ同様、何を言っているのか全くわかりません。何回聞いても聞き取れず、話も面白くないし、結局イライラするだけなので辞めました。今でこそTOEICリスニングは誰にでもオススメしたいと思っていますが、特にビギナーの頃は楽しく学ぶということも大切だと感じます。

CNNニュースのグループクラスも受けていましたが、同様に全く聞き取れず、意味を感じませんでした。ちなみにリスニングを伸ばすのであればまずは単語、文法、発音を鍛えることをオススメします。詳細は割愛しますが、それが出来れば、気づいたら結構出来るようになりますよ。

3・FOREST(受験向け文法参考書)

FORESTは全く意味が分からず、挫折しました。基礎を固めた後、難しい表現を使ってみたいと色気を出し、日本人留学生から借りたのですがまぁ難しいのなんの。英語がわからないのはまだしも、「独立分詞構文がなんとか」とか出てきて日本語さえ意味がわかりません。やはりレベルにあった教材を選ぶことの重要性は痛感しました。また文法参考書はあくまで分からない文法事項に出会ったときに、逆引きで使うべきですね。参考書を一冊持っていくこと自体はオススメしますが、先に進むことばかりが全てではありません。必要なことを、必要な分だけやるべきでしょう。最終的に文法は、前述の中学総復習本と学校の授業のみで凌ぎました。それでも後半から「文法が結構出来る日本人」と周囲に認識されるようになります。やはり基礎は本当に大切ですね。

5分で読めて一生役立つ!セブ留学必携・レベル別教材ガイド

2016.11.23

まとめ

いつも通り脱線に脱線を重ねて長くなってしまったので、そろそろまとめに入ります。今回シェアしたいポイントは以下の通りです。

  1. 中学英文法を固めるだけで、英語が本当に楽になる
  2. 英会話初心者にはパターン英語がオススメ
  3. 音楽が好きな人は、英語の歌を歌うこともオススメ
  4. シャドーイングにも挑戦してみよう
  5. 海外ドラマは中級〜上級者向け
  6. リスニングはまずはフィリピン人英語から
  7. リスニングを磨くなら単語、文法、発音を学ぶのが近道
  8. 教材はレベルに合わせて選ぼう
  9. それでも参考書が一冊あると助かる

また、単語帳がなかったことは非常に痛かったです。セブ留学へ持っていく教材を選ぶときは、必ず単語帳も持っていきましょう。

次回は役に立った授業、あまり役に立たなかった授業について書いていこうと思います。ぜひ引き続きチェックして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です