Can-Doリストであなたの英語学習の目標を超具体的にする方法

can-doリストであなたの目標を超具体的にする方法

こんな方向けに書いています:
・各種資格試験で具体的にどの位のスコアを目指したら良いかわからない方
・目的達成に必要な英語力の目安を知りたい方
・自分の課題をより正確に把握したい方

英語学習の目標を漠然と考えていませんか?「私はセブで多くの留学生を見てきましたが、伸びる方に共通して言えることは、「なぜやるか」、「何をどれくらいやるか」が明確になっていることです。あなたも留学前に必ずこの2つを明確にして、有意義な留学生活にして下さい。また目標がどんなに立派でも、あなたの目的と噛み合っていないと有意義な学習とは言えません。以下を参考にして、目標と目的を合致させて最大限の勉強効果を目指しましょう。

目的・目標については以下の記事も書いていますので、ぜひ参考にして下さい。

目標設定の方法

セブ留学を成功させる・SMARTな目標設定の方法

2016年11月16日
留学に際し、目的意識を明確にすることは大切です

あなたはなぜ、英語を学ぶのですか? | 目的を明確にすることの大切さ

2016年11月14日

今回は、目標を具体的にするためのCan-Doリストというものを紹介します。これは要するに、TOEIC◯◯点だったらこんなことが出来ますが、こんなことはまだ出来ません!というリストです。これらはあくまで目安ですが、多くの英語学習者を見てきた私の感覚とも概ね一致しています。以下、主要な英語試験のCan-Doリストを掲載していきますので、目標設定の参考にして下さい。

1・TOEIC Can-Do

TOEIC目標管理ツールイメージ

icon-angle-double-rightTOEIC Can-Do

このページではスコア別に細かく何が出来て何が出来ないのかを解説しています。現在のスコアは左側に入力し、目標値を右側に入力すると、「これは出来ていないけど、これができるようになる」を知ることができます。現在のスコアを「500-595」、目標を「700-795」にすると、以下のようなリストが表示されます。

現在と目標のcan_do比較

英語に困らずに海外旅行を楽しむのであれば、「空港で、発着時刻や搭乗ゲート等の変更アナウンスが聞き取れる」を最低「なんとかできる」、理想は「できる」レベルを目指したいところです。TOEIC700点を越えれば「できる」レベルになりますので、ここを目標にすると良いでしょう。

こうすると、漠然とした目標が超具体的になってきますね。では続いて英検を紹介します。

2・英検 Can-Do

英検のcan-doリスト

 英検 Can-Doリスト

このページからそれぞれの級ごとに細かいCan-Doリストを確認出来ます。旅行に困らないレベルであれば英検2級の「公共の場でのアナウンスを聞いて、重要なポイントを理解することが出来る」あるいは英検準1級の「交通機関における指示や連絡事項を聞いて、理解することが出来る」あたりを目指すのが良いでしょう。ちなみに2級をクリックすると以下の画面に飛びます。

英検のcan-doリストサンプル

いかがでしたか?これらのリストを活用すると、今まで何となくで考えていた目標がより具体的になったのではないでしょうか。それではここからは、IELTSやTOEFLを学ぶ方や海外移住を視野に入れてる方にも役立つよう、CEFRというものを紹介していきます。

3・CEFRって何?

CEFRとは、Common European Framework of Reference for Languagesの頭文字を取ったもので、要するに外国語能力の基準表です。日本の文部科学省もCEFRをベースに学校のカリキュラムを作成しているほどで、海外でも広く認知された基準です。レベルはA1からC2までの全6段階に分かれており、セブの語学学校でもPhilinterなどがCEFRを基準にレベル分けを行っています。ちなみに最高ランクはC2で、TOEIC945〜がC1レベルとなり、評価基準は厳しめですが、その分信頼も出来ますね。

以下のURLからCEFRと各種試験のスコア換算表を見ることが出来ます。「TOEICを今まで受けていたけどTOEFLが必要になった、まずは何点目指すべきか知りたい!」と考えている方にはとても参考になりますよ。

CEFR換算表イメージ

 各種英語資格のCEFR換算表

4・CEFR Can-Do

 CEFR Can-Doリスト

さて、ここからが本題です。このCEFRもかなり細かいCan-Doリストがあります。例えばリスニングだけでも、以下の項目で出来ること、出来ないことを知ることが出来ます。

  • 聞くこと全般
  • 母語話者同士の会話を聞く
  • 講演やプレゼンテーションを聞く
  • 指示やアナウンスを聞く
  • 音声メディアを聞く

リスニングと一口に言っても、聞く状況により理解度は変わってきます。例えばあなたが今後海外の大学院に進学したいと考えているのなら、「講演やプレゼンテーションを聞く」が出来なければいけません。このように、CEFRは多角的に英語力を分析していますので、目標を具体的にするだけでなく、新たな目標の発見にも役立ちます。ぜひ一度目を通して下さい。

まとめ

以上、あなたの英語学習を超・具体的にする方法を紹介しました。Can-Doリストは目標にリアリティを持たせるために最適です。例えば漠然とTOEIC700点を目標にするより、TOEIC700点取った結果何が出来るようになるかを知ったほうが勉強にも身が入りますね。せっかくの目標を絵に描いたモチで終わらせないためにも、ぜひ超具体的な目標を持ってセブ留学に行きましょう。

can-doリストであなたの目標を超具体的にする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です