これだけやればOK!セブ留学前に最低限習得すべき英語力

セブ留学前に最低限やっておくべき勉強

セブ留学前に出来るだけ勉強をしておきたい。多くの方がこう思っているのではないでしょうか。ただ、忙しさや、モチベーションが上がらず準備なしでセブに来る方が多いのも事実です。今回はそんな方に向けて、セブ留学前に最低限身につけておくべき英語力の目安を紹介していきます。「TOEIC600点は取っておきましょう!」といった現実離れしたことは言いません。地に足の着いたアドバイスを心がけていきますので、ぜひ参考にして下さい。また、ここで紹介するのはあくまで最低限のレベルです。余裕のある方はそれ以上を目指しましょう。

ビギナーの基本的心得

初心者の心構え
  • スピーキングなどのアウトプットは意識しない
  • 大学受験用・TOEIC用参考書に飛びつかない

インプットなくしてアウトプットはありません。スピーキングなどのアウトプットをやりたい気持ちはわかりますが、セブ留学で嫌でもたくさんスピーキングします。日本では単語・文法・リーディング・リスニングなどのインプットを中心に勉強しましょう。

また、参考書は安易に大学受験・TOEIC用などを選ばないようにして下さい。(準難関大以上の)大学受験用は大学で論文を読むための力を養うもの。TOEICは英語でのビジネスや海外生活に対応する力を養うためのものです。それよりもまず目指すべきは、基礎を身につけること。これを覚えておきましょう。

ビギナーが最低限目指すべきはこのライン

  • 講師の言っていることが、最低限理解できる
  • ビギナー向け教材の内容が最低限理解できる
  • 最低限の単語・文法を理解している

ではこの最低限のラインを突破するには具体的にどの程度の英語力が必要なのでしょうか。以下、詳しく解説していきます。

1・単語力の目安は3,000単語

単語力は最低3,000単語程度身につけておくことをオススメします。3,000単語と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、だいたい高校英語終了、TOEIC400点程度と考えて下さい。結果的に覚えられなかったとしても、まず一番時間を割くべきは単語の習得です。

準備時間に余裕がある:3,000単語を一瞬で意味を思い出せるレベル
準備時間に余裕がない:3,000単語がわからなくても意味を言われれば、「あ、そうだった!」となるレベル

語彙数はこちらのサイトで確認出来ます。ぜひ学習の目安にして下さい。

icon-angle-double-right http://www.wordengine.jp/vflash/levelcheck

単語の覚え方はこちらも参考にしてください。

単語を週に100個覚えるべき理由

単語は1週間で100個学べ!挫折せずに単語を習得する方法

2016年12月15日

2・文法力の目安は中学終了程度

中学終了程度と聞いて、バカにしてるの?と思う方もいるかも知れません。しかし、英語講師として、あるいは学習カウンセリングを通じて多数の方の英語力を見てきましたが、中学レベルの構文さえ掴めない・作れない人が本当にたくさんいます。特に会話の8割は中学英文法です。英会話をやりたいのに瑣末な文法事項に拘りたがる人が結構いますが、それは目的と目標が噛み合っていません。まずは中学英文法を徹底的に学習しましょう。

準備時間に余裕がある:中学英文法の参考書でじっくり基礎を固める
準備時間に余裕がない:中学英文法総復習系の教材を最低2回読む

中学文法の確認は、公立の高校入試問題を解いてみるのがベストです。ぜひこちらから問題にトライしてみましょう。長文・文法だけで十分です。

icon-angle-double-right http://resemom.jp/feature/public-highschool-exam/

最低限しか勉強時間を確保出来ない方はここまでの内容に取り組んで頂ければ大丈夫。とりあえずのスタートラインには立てるでしょう。ここからは、出来ればやって頂きたい内容に進みます。何もかもやろうとして、結果的に何も出来ないことが一番ダメなパターンです。単語・文法を優先して、それでも余裕のある方は以下を読み進めて下さい。

3・英検3級、準2級を解いてみる

単語3,000と中学文法が完成していれば、英検準2級レベルのリスニング・リーディングが大体理解出来るのではないでしょうか。合格目安が6割程度だと言われていますので、以下の無料過去問を試しに解いて、6割程度正解出来るかをチェックしてみましょう。

時間のない方は英検3級だけでも十分です。その代わり、3級であれば8割以上の正答率を目安にしましょう。セブ留学で使われるリーディング教材の初級者向けのものは、大体英検3級程度だと思って下さい。

英検の過去問はこちらから無料でダウンロード出来ます。
icon-angle-double-right http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_3/solutions.html

4・音読トレーニング

さらに余裕がある人に取り組んで頂きたいことは音読です。正しい発音の基礎を作ること・英語の総合力を向上させるために、音読トレーニングに取り組んでみましょう。たくさんの教材がありますが、あまり難しいものを選んではいけません。音読は、意味を完全に理解した英文を読むことが大切です。あまり難解な文に挑戦せず、中学終了〜高1レベルの音読教材を使用し、練習してみましょう。

まとめ

留学前にどの程度の英語力を身につけておくべきか、大体の目安を紹介しました。「これ位ならちょっと復習すれば大丈夫」と感じた方は問題ありません。「意外と高いハードルだな…」こう感じた方は逆にラッキーです!知らずにセブ留学してしまうと、現地で相当苦労していたはずですよ。

英語の勉強って、本当は楽しいんです。セブに行けば、英語が通じる楽しさ、異文化に触れる楽しさをすぐに感じ、勉強にも熱が入るでしょう。しかし、基礎力がないとこの楽しさに気付けない・気づくのに時間がかかる可能性もあります。私も英語力ゼロで留学しているからわかるのですが、基礎がなさすぎるとやはり最初は辛い。先生が繰り返し繰り返し同じことを説明してくれて、「ソーリー、ソーリー」で何とか授業を凌ぐのが精一杯でした。こうならないためにも、日本で基礎を固め、セブ留学では英語を使って思いっきり講師との会話を楽しんで下さい。

セブ留学前に最低限やっておくべき勉強

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です