セブ留学を成功させる・SMARTな目標設定の方法

目標設定の方法

セブ留学を決意したら、まずは目標をしっかりと立てることから始めましょう。ゴールが曖昧だと道程も曖昧になり、せっかくのセブ留学がほとんど成果に繋がらず帰国…なんてことにもなりかねません。そこで今回は、セブ留学を成功させるため、SMARTという手法を使った目標設定方法をご紹介します。漠然と「英語が話せるようになりたい!」と考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

なお、目標を立てる前提として「なぜ英語を学びたいのか」という目的意識が明確になっていることが重要です。目的意識が曖昧な方は、まずはこちらの記事から読み始めて下さい。

icon-angle-double-right あなたはなぜ、英語を学ぶのですか? | 目的を明確にすることの大切さ

また、TOEICなどのテストを目標の中心にしたい方は以下の記事から読み始めて下さい。

icon-angle-double-right Can-Doリストであなたの英語学習の目標を超具体的にする方法

SMARTな目標があなたの留学を成功に導く!

スマートな目標があなたを成功に導く

ここではSMARTという目標設定の方法を使って考えていきましょう。SMARTとは目標設定に必要な考え方の頭文字を取ったもの。ざっくり言えばこんな感じです。

S = Specific 具体的な目標
M = Measurable 測定可能な目標
A = Attainable 達成可能な目標
R = Reality 現実的な目標
T = Timely 期限のある目標

以下、具体例を交えて紹介していきます。

S = Specific 具体的な目標

良い目標例:
スピーキング:「瞬間英作文」に出てくる英文を全て反射的に言える(留学終了まで)
単語:「究極の英単語vol2」を全て3秒以内に意味が出てくるようにする(留学前)
ライティング:セブ留学では行わない

リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング、文法、単語、発音などそれぞれのスキル毎に具体的な目標を設定しましょう。後ほど詳しく紹介しますが、「いつまでに達成するか」を考えることも重要です。特に単語・文法は日本でも出来るので、準備期間を含めて考えていきましょう。

M = Measurable 測定可能な目標

良い目標:
TOEIC700点取得(リスニング:400点 リーディング:300点)
シャドーイングを毎日30分行う(留学中)
単語を週に100個暗記する(留学前)

目標は客観的に測定できるものにしましょう。現在のレベルを客観的に測定するには、TOEICや英検、IELTSなどの資格が最適です。特にTOEIC、英検はビギナー・中級者の勉強に最適な教材です。ぜひこれらの資格を使い、measurableな目標にしましょう。

そして同時に行動目標を立てることも忘れないで下さい。行動目標とは、1週間で100個の単語を習得する、毎日30分はシャドーイングの時間を作る、などです。いずれにせよ、その目標が達成できているかどうかを客観的に測定出来ることが大切です。

A = Attainable 達成可能な目標 | R = Reality 現実的な目標

良い目標:
8週間でTOEIC150点アップ

あまりに現実離れした目標にしてしまうと、挫折してしまうこともあります。そのため、現実的な目標・達成可能な目標を立てることが重要です。TOEICで言えば、現在350 – 450点の方が3ヶ月のフィリピン留学後に700点を取ることは十分に可能です。これは1000名以上の留学生の学習相談に乗ってきた私が言うので、間違いありません。しかし、900点越えにはやはり高い壁があります。もちろん最終的な目標として掲げるのは良いことですが、まずは期間に合わせて、現実的な目標を設定しましょう。

T = Timely 期限のある目標

良い目標:
8週間でTOEIC150点アップ / まずは4週間後のTOEIC模試で50点アップ

目標に期限がなければ、それはいつまでも「ただの目標」のままです。まずは決めた留学期間の中で、あるいは準備期間の中で、何を達成したいのかを明確にしましょう。

また、マイルストーンと呼ばれる目標設定の方法があります。これは12週間後の目標を決めたら、6週間目にはこれくらい、2週間目にはこれくらい、という感じで、逆算して細かな目標を立てることです。こうすることで目標の見直しも小まめに行うようになり、また常に目標を意識して授業や自習に取り組むことが出来ます。是非この手法も取り入れてみて下さい。

目標設定後に必ず行うこと

目標設定が終わったら、必ず目標の見直しをしましょう。このとき、これは具体的か?測定可能か?達成可能か?いつまでに達成するか?といったようにSMARTを基準に考え、推敲するとより目標が近づいてくるはずです。

そして推敲が終わったら、必ず紙に書き出し、良く目につく場所に貼るようにしましょう。こうすることで、常に目標を意識した行動を心がけるようになります。ちなみに私は、スマートフォンでリマインダーを設定し、自分の目標を定期的に通知するようにしていました。壁に貼るのはちょっとな…という方は、こういった方法でもOKです。

まとめ

良い目標の立て方がどういうものなのか、感じて頂けたでしょうか。英語力習得という長い旅路も、コンパスと地図があれば大丈夫。英語学習迷子にならないようSMARTな目標を設定し、航海の友として下さい。また、目標には上も下もありません。あなたの目的を達成するものであれば、TOEIC500点が目標でも十分です。「海外旅行を楽しめればOKだから、目標とか大層なものはちょっと…」と考えることなく、しっかりと目標を立てて下さいね。

目標設定で迷ったらいつでも力になりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。あなたの目標が達成されることを願っています!

目標設定の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です