【留学生の声まとめ】セブ留学向け・日本で用意すべき持ち物リスト

日本で購入すべきもの

フィリピン・セブ島はまだ発展途上国のイメージがあるかも知れませんが、生活必需品の買い物に困ることはありません。しかし、私はほとんど準備をせずに留学に出発したため、「あれは日本で買っておくべきだった!」と後から後悔したことも…。そこで、今回はフィリピン留学前に事前に購入しておくべきものをまとめてみました。たくさんの留学生の方から頂いた声や、私の経験なども踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

日用品

日用品

シャンプーやボディソープ、トイレットペーパーなどの日用品はセブで十分なクオリティのものを購入することが出来ます。強いこだわりがなければ、現地調達しましょう。なお、到着日は買い物に行く時間がないことも考えられるので、コンパクトな旅行用のものを持っていくと便利です。それでは詳しく見ていきましょう。

歯ブラシ

歯ブラシは日本製のものがオススメです。フィリピンの歯ブラシは全体的にサイズが大きく、また硬いものが多いため、日本のように小回りが利きません。

化粧品や女性向けヘアケア用品

女性向けの化粧品やヘアケア用品は至る所で買えますが、クオリティは日本のほうが高いと聞きます。またセブの水質だと髪が痛むという声も時々聞きます。気になる方はトリートメントなどを用意しておきましょう。ちなみに男性向け化粧水はあまり売っていません。こちらも必要な方は事前に用意しておきましょう。

制汗スプレー

常夏のフィリピンでは、制汗スプレーが力を発揮します。もちろんフィリピンで購入することも出来ますが、全体的に匂いが強く、日本人好みではないように感じます。また、フィリピン人は匂いに対して非常に厳しいので、エチケットだと思って一つ用意をしておくと良いでしょう。

虫除けスプレー

セブで一番気をつけてほしいのは、蚊に刺されてデング熱に感染してしまうことです。そのため、虫除けスプレーは日本で購入し、初日から使うようにしましょう。現地でも購入することは出来ますが、匂いや機能を考えると日本製がベストです。

ふりかけやインスタントフードなどの食料品

学校の食事が口に合わなかったときのことを考え、ふりかけ、インスタント味噌汁などを用意しておくと便利です。事前に用意してきたけど、学校の食事が美味しくって全く使わなかった!という嬉しい言葉を頂くこともよくありましたが、やはり食事が合わないという方も一定数いるのは事実。そして何より、日本の食べ物を口にすると落ち着きますね。現地でも購入可能ですが、かなり高いので日本で用意しましょう。

ポケットティッシュ

フィリピンの公衆トイレは紙が常設されていません。そのため、ポケットティッシュを常に携帯しておく必要があります。現地でも安く購入出来るのですが、初日の空港や寮内のことを考えると幾つか持っておいたほうが良いでしょう。

服装

服装についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

セブ留学服装選び

男女共に参考にしたい・セブ留学の服装と服装選びの基準【完全版】

2016年11月2日

勉強関係

勉強道具

参考書

当たり前ですが、フィリピンで日本の本を購入することは出来ません。とりあえず1、2冊は持って来る方が多いですが、本当に自分にあった参考書がわかっておらず、現地で困るということもよくありました。人によってはAmazonから取り寄せるなどしていましたが、フィリピンの運送事情は非常に悪く、物が届かないというトラブルも覚悟しておきましょう。

そのため、最低限、単語帳文法書個人のレベル・目的に合わせた参考書(ビジネス英語を学びたければビジネス英語関連の本、TOEICであればTOEIC問題集など)など3冊は用意しておくべきです。

詳しくはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

セブ留学に持っていきたい教材ガイド

5分で読めて一生役立つ!セブ留学必携・レベル別教材ガイド

2016年11月23日

また、ipadやkindleなどの電子書籍を利用するのも手です。これがあればフィリピンでも好きな参考書を手にすることが出来ます。欠点としては、2つ。まずは書き込みが出来ないこと。参考書には徹底的に書き込むべきだと考えている私としては、少し不便に感じます。そして利用が突然停止してしまう可能性があることも忘れないで下さい。電子書籍は原則として、出版した国内のIPアドレスからの接続でしかダウンロード出来ないと言われています。私は運良くKindle購入後3年間フィリピンからダウンロードすることが出来ましたが、人によってはダウンロード出来ず、宝の持ち腐れになってしまったケースも。そのため、やはり紙の本は用意しておくのがベストです。

ちなみにどんな参考書が必要かがわからない方は、レベルや目的に合わせてご紹介出来ます。お悩みの方はお問い合わせフォームよりご相談下さいね!

電子辞書

電子辞書も必ず用意しましょう。また、スマートフォンアプリで電子辞書をダウンロードしておくのもオススメです。最近は無料アプリである程度調べることが出来るものも増えていますが、一番大切なことは辞書のクオリティ。以下の機能を必ず確認しましょう。

1・オフラインで使える辞書
フィリピンの通信環境は悪く、特にクラスルームでwifiが繋がるのは厳しいと考えておきましょう。

2・発音機能がある
発音出来なければ、その単語は知らないも同然。発音機能を必ず確認しましょう。

3・例文が豊富にある
単語をただ知っているだけでは、上手く使いこなせないなんてことも。そのため、例文が豊富にあるものが便利です。

私のオススメはwisdomです。これは上記3つを備えたパーフェクトな辞書アプリ。値段は2,900円とアプリにしては高めですが、電子辞書よりは圧倒的に安く購入することが出来ます。私も3年以上愛用している超オススメアプリです。ぜひ一度試して下さい。

文房具

日本の文房具のクオリティは圧倒的です。ノート、シャープペン、消しゴム、ボールペンなど、勉強に必要なものは全て日本で用意してくることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したものは、私個人の経験、そして多くの留学生の方から頂いた感想を基にしていますので、お役に立てることを願っています。しかし、必要なものは人によっても大きく違うこともあるでしょう。これってフィリピンで買えるの?質はどんな感じ?などの質問がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

備えあれば憂いなし、しっかりと準備をして、留学生活を充実させましょう!

日本で購入すべきもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です